沖縄市 コザ吉原 旧風俗街

沖縄市に相当ディープな場所があります

沖縄市は那覇市から車で40分程で到着します

通勤時の時間帯 朝と夕方はとっても噛むので

40分程で那覇から行く事は無理ですが

コザ吉原社交街

社交街とは本州で言う、歓楽街です

あえて夜に写真を撮りたかった場所です

昼間にも訪れたい事がありますが

だいぶディープな場所です

最初訪れたのは昼間でしたが、コザ吉原社交街の空気感は違いました

沖縄市のコザ吉原社交街は昔、白人の米兵を相手にする風俗街だったと聞いています

それが後に地元の人を相手にする風俗街に変わったと聞きました

料金も信じられない位低価格、安いと聞きました

現在は崩壊していて、営業はしていないと聞いていました

実際この目で見てみたいと思い、訪れた場所です

昼間も生活感は無く、空気の思いコザ吉原社交街

そんなイメージでした

夜に写真を撮る

そう決めてその日は帰りました

休みの日に、陽が沈む頃を狙ってカメラを持ってコザ吉原社交街に

飲み屋?居酒屋?カラオケスナック?

よく分からない店は数軒営業していました

カフェーっと書かれた店が多いです

営業している店の扉は全開に開いています

きっと健全なとこ?なのでしょう

おばさんっというか、なんというか

だいぶお年をめされた女性の姿が営業している店には目立ちます

街灯も少なく

やはり昼間より空気が重い感じがします

かっぷくのいい初老の女性が徘徊しています

テナントは現在は使われてないのでしょうか?

中にはテナント募集の看板も見えました

マッサージと書かれた店もあります

その店舗は店の前に男性が立ってました

歩いている人は僕と後1人おじさんが歩いていました

カラオケをしている音も漏れています

漏れていると言うか、扉が全開なので丸聞こえです

写真を撮っているのでもちろんカメラを持って歩いています

薄々は感じていましたが、たぶん見張られています

カメラを持った怪しい奴が歩いてるって思われたのでしょう

僕以外に歩いているおじさん

かっぷくのいい初老の女性

原付で走っている男性

その3人に何度も何度も遭遇するし

店の中に居た女性は、僕が通り過ぎた後に、僕の姿が見えなくなるまで外で立って見てます

やはりだいぶディープな所だなコザ吉原は

マッサージと書かれた店の前を最初通った時は

女性の靴と男性の靴が玄関にありました

扉は全開なので丸見えです

折り返して通った時は

靴はありませんでした

隠したのかな?

なんにせよ、僕はコザ吉原社交街から拒絶されて居ます

なんどもいいますが、相当ディープな場所です

中には看板の電気はついてるが

お店の中の電気は消えている

だけど換気口からは光が見えている

そんな店舗もありました

コザ吉原社交街 ディープな世界

個人的な感じは

微かに生きてます

どんな店舗かはわかりませんが

コザ吉原社交街は微かに息をしていました